リビドーロゼを髪に付ける時のメリット・デメリット

 

リビドーロゼに付けても大丈夫なのかなー」
「髪に香水は男性的にアリ?」

 

といった悩みを持つ方向けに書いています。

 

 

以下を読むことで、リビドーロゼを上手に使いこなすことができます。

 

 

髪にも付けれるリビドーロゼ

 

 

 

リビドーロゼを髪に付ける時のメリット・デメリットとは??

 

リビドーロゼは髪に付けても全く問題ありません。

 

ですが、
髪に付ける際のメリットやデメリットは、把握しておいたほうが良いです。

 

 

早速本題にいきましょう。

 

 

デメリット

 

髪を痛める可能性がある

 

香水は髪を痛めてしまう可能性があります。

 

リビドーロゼだけに限らず、香水自体にはアルコールが含まれており、髪をパサつかせたりするかもしれません。

 

 

とはいえ、
「香水で髪が傷んだ」という事例は無いに等しいです。

 

 

メリット

 

男に好意を抱かせることができる

 

髪に香水は、男性をダイレクトに刺激します。

 

 

なぜかというと、
男性は、女性の髪から香る匂いに超敏感だからです。

 

 

男性は髪が良く香る女性に無条件で好意を抱きます。

 

 

これを考慮すると、
髪にリビドーロゼは、男をその気にさせるために効果的だと言えます^^

 

 

髪にも付けれるリビドーロゼ

 

 

そもそもリビドーロゼを髪に付けるのってアリなの?

 

 

そもそも髪にリビドーロゼってアリなの?

 

 

他の部位に付けたほうがいいんじゃないの?


 

 

なんて思う方もいますよね。

 

 

結論を言うと、
リビドーロゼはどこに付けても大丈夫です。

 

 

「付ける場所によって効果が変わる」
なんてことはありませんので、ご安心くださいね。

 

 

リビドーロゼを付けるにあたって、

  • 耳の後ろ
  • 内もも

 

などに付けると、男性が匂いを感知しやすくなるのでオススメです。

 

 

髪に付ける時に一番気を付けておくと良い事

 

髪にリビドーロゼを付けるにあたって、
一番気を付けておくことは、付ける量です。

 

 

 

リビドーロゼ自体そこまで匂いが強いわけではありませんが、髪に付けるときは1プッシュで十分かと思います。

 

 

男性の鼻に近い部分に香水を多量に付けても、強く香りすぎて逆効果です。

 

 

フェロモン成分(オスモフェリン)も含んでるリビドーロゼを、効果的に使いたいのであれば、量に一番注意しましょう^^